読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryudo

近現代史がすきなミーハー

かんがだん

幸田露伴の『観画談』を読みました。文アルの五重塔イベントにあわせた出題だったようです。そうです。前回に引き続ツイッター文アル読書会さんの課題でした。

 

読みはじめてすぐは「一気に古典っぽくなったな……! 漢文っぽい」だったのに、読み進めていくうちに「いや、新しい文章だった」に変わっていきました。それに難しいことばが多いのにハマったのかするする読める。おもしろい……! あっという間に読みおわったぞ! と。

雨と水の描写がすごくすきです。あとそれにまつわる音。擬音語がたのしい。そして、その水の向こうにある非現実にわくわくしました。日常のちょっとした曲がり角にひそんでる不思議なもの、というのがとてもすきなのでこれがハマったのかなあといま書きながら気づきました。

 

それから、ない文学史の知識を振り絞って、

  • 言文一致
  • 自然な文章のなかに溶け込む漢文
  • でも一文がめっちゃ長かったりする(まだ朗読の文学)

やだ! すごい文学史の境目を感じるおもしろい!! ってひとりではしゃいでいました。

 

露伴先生の作品ももっと読みたい。『五重塔』すらよんだことがないのでここくらいは押さえておきたい。潜書はしてたのに読んでないなんて……! でもとりあえずは第3回読書会の課題、芥川龍之介『皺』に手を伸ばしたいとおもいます。芥川作品はさすがに何作か読んだことあるゾ。よし。

 

ryudo.hatenablog.jp

 

全ての音声がザアザアという音になる

『観画談』幸田露伴

2017年1月7日読了